京都虹光房は、天文学を専門とする研究者による事業組合です。個々の研究を背景に、天文学や光に関わる技術・製品や教育サービスを提供する事業を展開しております。私たちは、ビジネス活動を通して「ヒト・モノ・カネ」の風通しを良くし、アカデミズムが社会の発展の原動力となる、新しい世の中の仕組みを作ることを目指しています。

京都虹光房の経営理念

京都虹光房は、2010年10月に天文学を専門とする研究者らによる事業団体としてスタートしました。それから今日まで、社会も、私たち自身も大きく変化してきました。東日本大震災と、その後の原子力発電所事故では、科学的な目で物事を見て、私たちのこれからの生活を判断する必要に迫られています。そうした中で、アカデミズムが社会の中で果たすべき責任も非常に重いと言えるでしょう。

現代の社会が持続的に発展していくためには、「ヒト・モノ・カネ」がその構成要素の中を流動的に循環することが必須の条件です。「アカデミズムの楽園」とも言われる大学・研究所においても、積極的に「ヒト・モノ・カネ」を循環させていかなければなりません。私たちは、研究者自身が事業体を構成し、ビジネスという手段によって、アカデミズムが社会に果たすべき役割を模索しています。これは、資本主義に基づく社会においてはある意味当然のことなのかもしれません。事実、私たちの活動は社会に受け入れられ、ご支持を頂けていると確信しています。

私たちは、アカデミズムが社会の一員としての役割を果たし、新しい世の中の仕組みを作ることに貢献したいと願っています。私たちの活動が、社会の発展の一助になれば、それ以上の幸せはありません。

 京都虹光房は、理念に基づいた事業展開によって、アカデミズムが社会の発展の原動力となる、新しい世の中の仕組みを作ることを目指しています。

1.ヒト:『新しい』研究者像

 高度な科学、技術に基づく現代の社会をさらに発展させていくためには、アカデミズムの場で身につけた高度な知識や技術を持った人材が、社会で自立し、活躍できる道を拓くことが重要よ考えられています。これは、大学や研究所に所属する従来の研究者とは異なる、「新しい」研究者像を拓く道となります。優れた知識、技術を持つでけでは、社会で自立して活躍していくことはできません。自らが提供するサービスの対価を見積もり、その売り上げから得られる利益確保の管理をすることが求められます。京都虹光房は、このような経営的なセンスを持った新しいカタチの研究者が集まるプロ集団です。

2.モノ:知識、技術の交流

 研究者がビジネス活動を行うことによって、アカデミズムと地域社会との間の「ヒト、モノ、カネ」の交流が促されます。とりわけ、研究活動に必要な技術は、地域の町工場が有するノウハウに支えられていることもしばしばです。一方で、研究活動の中で身につけた光学技術や測定技術は、民間企業が持つアイデアを具体化し実現するのに有用な場合も多くあります。そのような優れた技術を相互に交流し、アカデミズムを原動力とした経済活動の活性化を目指します。

このような知識、技術の交流には人材の交流が伴います。大学/研究所の人事の硬直化の緩和や学生やポスドク研究者らにとっての新しい就職先を確保し、中小企業へ優秀な人材を送り込むことへつながると考えています。

3.カネ:研究資金の確保とコスト意識の向上

 研究者によるビジネス活動によって、経済の活性化が促されることは言うまでもありません。研究者がビジネス活動によって得られた資金の一部を自らの活動資金へと活用することによって、新たな研究資金の確保の道を拓きます。このような資金の活用によって、使用時期や使用対象が限られる公的な補助金とは異なり、日々変化する研究環境へと柔軟に対応することが可能となります。さらに、自らが稼いだ資金の流れを把握することによって、研究者自身のコスト意識が高まり、より効率的な研究を進めることができると考えています。

 京都虹光房は、大学や研究所に所属する従来の研究者像に捉われない新しいカタチの研究者の集団です。京都虹光房の組合員は、それぞれが経営者として起業し、参加しています。自らの研究を背景に、経営的なセンスを持った新しい研究者像を描いています。

次世代の天文学/物理学分野を支える熟練した技術コーディネータ

 現在、天文学を含む多くの最先端分野においては、非常に高度な測定技術が使われています。研究用の観測装置や測定機器を開発するためには、その研究分野に精通していることが望ましいのですが、技術レベルの向上につれて、技術と研究の両方に精通した研究者が限られてきており、研究そのものへの影響も顕在化しつつあります。ビジネスを通して多くの観測・測定機器開発の経験を持つ技術コーディネータが、技術と科学を繋ぎます。

研究者・科学と社会をつなぐ教育のプロ

 研究の世界だけでなく、現代の社会も、非常に高度な科学や技術に支えられています。一方で、民主主義の社会においては個々人の自律的な意見によって全体の方針が決められなければなりません。成熟した豊かな社会を築くためには、個々人の科学リテラシーを向上し、科学的な目で判断する力を養うことは必須と言えます。私たちは、現役の研究者らによる一般向けの生涯教育プログラムを展開し、社会全体の科学リテラシーの向上へとつなげます。ビジネスを通して多くの教材開発、教育プログラム開発の経験を持つ教育のプロが、科学と社会を繋ぎます。



 京都虹光房では、私たちの理念に賛同し、共に活動していただける方を募集しています。

 大学や大学院で、専門的な教育を受け、研究を進めている学生のみなさま、研究員のみなさま、京都虹光房の理念・研究者像に興味を持ち、一緒に活動してみたい方はぜひ一度、お問い合わせください。専門性を活かしたビジネスの可能性を一緒に考えましょう。

 大学や大学院のスタッフのみなさま、経営的なセンスを持った新しい研究者の育成に興味をお持ちの方は、ぜひ一度、ご相談ください。貴大学の教育プログラムにおける人材育成について、ご提案したいと思います。